SUPPORT for WEBSITE CREATION

ホームページ制作支援

制作に関しては、自分で作るのか、もしくは誰かに作ってもらうのかを決めて頂き、それぞれについて事前に知っておくべき留意事項等をお伝えします。


ご自身で作られる場合

予算を抑えるため、また時間があるのでご自身で作りたいという場合です。

お客様のITスキルがどのレベルかで使用するCMS(簡単に言うと、ホームページを制作するツール)が変わってきますが、一般的に制作業者が使っているWordPressやMovable Typeは、個人的には一般のお客様にはあまりおすすめしておりません。(これらを簡単と謳う人も居ますが、私は同意できず…)
あくまでも一般のお客様がご自身で作られるのであれば、私の経験上以下のCMS松竹梅をおすすめします。(他にもご推薦があれば教えてください)

 松:WIX
 竹:JIMDO
 梅:Crayon

松竹梅ですので、上に行くほど難しくなりますが(難しいというより、出来る事が多いので若干複雑)、その分表現方法は広がります。逆に下に行くほど簡単ではありますが、表現に制約が増えてきます。
こだわり派の方にはWIX、ざっくり派の方にはCrayonといった感じでしょうか。ちなみにJIMDOは2019年のリニューアルの関係で、無料版にこだわるならおすすめしておりません。

上記3CMSをメインとして、制作・運用管理支援を行なっております。(要は作り方のレクチャー等です)
実際に制作されるのはお客様ですが、最近はZoomやSkype等で繋いでの遠隔レクチャーも可能となりました。これまでのお客様の中には、2時間×4回のレクチャーで完成させた方もいらっしゃれば、2時間×2回で完成された方もいらっしゃいます。(ある程度感がつかめて自分で出来ると思えたら、途中で継続レクチャーを修了されても構いません)

自分で制作して完成まで行けば、その後の運用管理も楽になりますので(そしてランニングコストも年間2万円未満)、お時間が取れる方、そしてやる気のある方はご検討くださいませ。


外部に制作を委託する場合

一概に金額が高いから良い、安いから悪いという訳ではありません。高くても中身の薄いものもありますし、安くても立派なものもあります。但しホームページは相場があるようで無いためなかなか難しいですが、出来れば制作費(初期費用)だけでなく、完成後の保守管理費(ランニングコスト)とその内訳(月々何をやってくれるのか)についても意識しておいてください。
過去の相談案件の中には、制作費の安さにつられて契約したけど月々の保守管理費が高すぎた。しかしその割には特に何かをやってくれている訳でもないので減額をお願いしたら管理画面をそのまま渡されたが、制作未経験ゆえ一体何をどうやって良いのか全くわからないというケースがありました。

しかしそれならまだ良いほうで、高額リースを組まされたが業者の担当者が変わったり辞めたりで連絡が取れなくなってしまい、代表電話に電話しても繋がらず…結果的にホームページを更新できない上に高額リース残債だけが残ってしまったというケースも。(加えて自社のドメインも取り返せず)

逆に、お客様のほうがホームページを維持管理するために費用がかかる事を知らず、業者に作ってもらった後に保守管理費を請求されて、たとえ原価でも払うのをためらうケース。(契約書が無かったり、あっても読んでいなかったり…)

これらの問題は、事前にホームページ制作や運用管理に関する基本的な知識を知っておいて頂くだけで、ある程度は未然に防げます。
またこのようなケースは、一概にどちらに責があるというよりは(高額リースは微妙ですが)、お客様と業者のミスマッチである場合が多しです。そのようなミスマッチが極力起こらないよう、制作業者様とご契約前に押さえておくべきポイントや進め方のアドバイスといったレクチャーを行います。(高額と感じる見積書の診断も可能です)

以上のようなご支援は、私がこの5年間商工会や商工会議所等の専門家・経営改善専門相談員(ICTコンサルタント)として数々の事業所様のホームページ案件にあたって蓄積された経験によるものです。

ちなみに弊社に制作をご依頼頂ける場合は、このレクチャーに関する料金は無料です。

個別レクチャー
(制作委託は別途ご相談ください)

実施方法

・訪問型

・遠隔型(ZoomやSkype等、お客様に合わせます)

金額(税別)

・訪問型:20,000円/時間+交通費※

・遠隔型:15,000円/時間(前日迄のお振込)

 ※県外・遠方の方はご相談ください。

お客様の声

お客様の声はこちら

お問い合わせ

お問い合わせはこちら